スピード違反の点数はいつ戻る?実は○○すると点数が戻らない!

スピード違反の点数はいつ戻る?実は○○すると点数が戻らない!

交通違反の中で取り締まり件数が最も多いのがスピード違反。

正式な名称を「速度超過違反」と言います。

あなたはスピード違反で捕まったことありますか?

この記事では、車を運転する人であれば知っておきたい「スピード違反の罰金や点数制度」について紹介します。

スピード違反の点数がいつ戻るのか?

について詳しく解説していますので是非ご参考にされてください。




スピード違反の点数はいつ戻る?何点の減点?

スピード違反の点数はいつ戻る?

交通違反をすると持ち点が減点されると思う方が多いと思います。

しかし、日本の交通違反の点数は加算方式です。

違反をする度に違反点数が0点から加算されていき、累積点数によって免許の停止や取り消しの処分を受ける事になります。

スピード違反をしても何点の減点というより何点加算されるかという話になります。

一般道の場合のみ解説します。

  • 15キロ未満であれば1点の加算
  • 20キロ未満であれば1点の加算
  • 25キロ未満であれば2点の加算
  • 30キロ未満であれば3点の加算
  • 50キロ未満であれば6点の加算(免停)

※12キロ速度超過の場合は15キロ未満を見てください。

累積点数を0点にするには大きく分けて3つの方法があります。

ちなみにこちらではスピード違反に納得できない場合はどうなるのかについて解説しています。

点数を0点に戻す方法➀365日無事故無違反

 累積点数は一番最後にしてしまった違反から1年以上無事故無違反で過ごすと0点にリセットされます。

1年というと長い気がしますが、365日無事故無違反でないと点数が戻る事はありません。

点数を0点に戻す方法➁3ヶ月ルールの適用

2年以上無事故無違反無処分であった場合に限り、3点以下の違反行為をしてしまった場合には3ヶ月ルールが適用されます。

3か月ルールというのは、違反行為後に3ヶ月間無事故無違反で過ごすことができればその違反点数は0点に戻る計算です。

【例外】点数を0点に戻す方法➂違反者講習を受ける

違反者講習を受ける事で6点が0点にリセットされます。

違反者講習は好きに受ける事ができるわけではありません。

但し、1点になった時点で1年以内に違反や事故を起こすと再度免許停止処分となります。

違反点数が3点以下の違反を『軽微な違反』と呼びます。

3点以下の違反の積み重ねで累計点数が6点に達した場合、違反者講習を受講する事で処分は行われず、違反点数が0点になる制度があります。

ただ次に違反した時の罰が厳しくなり、免停などになる可能性もあります。

スピード違反の点数が戻らない場合とは?

スピード違反の点数が戻らない場合とは?

ここまでスピード違反の点数が戻る場合を紹介しましたが、残念ながら戻らないケースも存在します。

行政処分がある場合で過去3年以内に免停になった回数は「前歴」と呼ばれ蓄積されていきます。

そのため、1年で違反点数がリセットされても1度でも免停になれば3年間は記録されます。

1年間のうちの累積点数が少なくても免停になる可能性が高く、さらに前歴が加算されてしまうのです。

つまりスピード違反の点数は本来であれば最後にスピード違反した日から1年経つと0点に戻るのですが、過去3年以内に行政処分(免停)を受けていると戻らないという事です。

スピード違反の罰金はいくら?免停になる場合は?【普通車の場合】

スピード違反の罰金はいくら?免停になる場合は?

スピード違反をしてしまうと罰金ではなく反則金を収める事で刑罰が免除されます。

罰金は反則金とは違います。

反則金を納めないと、裁判になります。

交通裁判と呼ばれるもので、その際に罰金の金額が変わります。

基本的に罰金は高額で「6万円程度」から「10万円程度」と幅が広く、金額は不定です。

「どうせ払うなら反則金が安い」という事です。

スピード違反の反則金はいくら?

大型車や中型車の場合もありますが、ここでは普通車の反則金について解説していきます。

一般道路でも高速道路でも超過速度が1~14キロで「9000」円。

その後、29キロまでは5キロ刻みで「3000」円ずつ金額が上がります。

ちなみに29キロオーバーの時は「18000」円となります。

ただし、一般道で30キロ以上の速度超過で一発免停。

高速道路では30~34キロで「25000」円の反則金、35~39キロで「35000」円の反則金となり、40キロ以上で一発で免停となってしまいます。

スピード違反についてもっとわかりやすく知りたい方はこちらの記事も併せてお読みください。

スピード違反に納得できない場合の対処法!



スピード違反は何キロから検挙される?

スピード違反は何キロから検挙される?

スピード違反の点数がいつ戻るのかに解説してきましたが、スピード違反は何キロからなのでしょうか?

仮に国道を70キロで走っているとしましょう。

捕まると思いますか?

絶対とは言えませんが、実は捕まりません。

車のスピードメーターは基本的に正確ではないのである程度の誤差が生じます。

そのため10キロ程度であれば誤差の可能性があるため、警察は捕まえない事が多いです。

逆を解説すると

仮に国道を80キロで走っている時に捕まったとしてもおそらく「15キロ」や「17キロ」のオーバーだと思います。

つまり実速度はメーターよりも少ないという事になります。

スピード違反も注意だけで終わる場合もある?

スピード違反も注意だけで終わる場合もある

スピード違反は点数に関係ない注意だけで終わる事もあります。

捕まった場合に「警告」として青切符を切られた経験がある人もいると思います。

警告に関しては点数に関係ないため違反講習に影響はありません。

「次からは気を付けるように」という注意だけで終わる場合もあります。

警察官にもよりますが、ほとんどは点数と反則金が課せられます。

スピード違反の点数はいつ戻る?【まとめ】

ここまでスピード違反の点数がいつ戻るのか、罰金や反則金について解説してきました。

いかがでしたでしょうか?

スピード違反をしてしまうと、違反点数が累積で溜まっていきます。

違反点数は0点に戻るケースもあるので違反してしまっても冷静になって、自分が何点引かれたのかを確認する必要がありますね。

何より安全運転する事が第一です!

それではここまでのまとめです。

スピード違反の点数はいつ戻る?【まとめ】
  • 1年間の無事故無違反で点数が戻る
  • 2年間無事故無違反であれば3か月で戻る
  • 違反者講習を受けても点数は戻るが、次違反で免停の可能性大
  • 1度でも免停になった場合は点数が戻らない

ただし、前歴があると点数が戻り切らずに再度、免停になるケースもあるので要注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA