ガソリン添加剤を入れるタイミングは毎回?適切な頻度と入れすぎた場合の対処法について解説!

ガソリン添加剤を入れるタイミングとは?適切な頻度についても解説!

「ガソリン添加剤を入れるタイミングは?」「どれくらいの頻度で入れるべき?」

と疑問に思いませんか?

カー用品店でよく見かけますが、店員さんを捕まえて質問しにくいですよね。

給油直前にガソリン添加剤を入れるのが最適なタイミングです。

さらに入れすぎた場合は「馬力が落ちる」「アイドリングがおかしくなる」という症状が出る事があります。

ガソリン添加剤を入れるタイミングや頻度をキチンと守れば、効果が確実に出ますよ。

この記事では、ガソリン添加剤を入れるタイミングや、頻度についてまとめています。

ぜひ参考にしてください。

〇この記事でわかること〇

● ガソリン添加剤を入れる適切なタイミングは?
● 頻度はどれくらいがいいのか
● 入れすぎてしまった時の対処法
● ガソリン添加剤の効果について




ガソリン添加剤を入れるタイミングはいつ?毎回?

ガソリン添加剤を入れるタイミングはいつが適切?

ガソリン添加剤を入れるタイミングは「給油直前」が適切なタイミングです。

毎回入れるのではなく、車に乗った際に馬力がないなど変化を感じた時に入れるのがいいでしょう。

ガソリンスタンドにガソリン添加剤を持っていき、給油直前にガソリン添加剤を入れましょう。

ガソリン残量が少ない時に、ガソリン添加剤を入れてからガソリンスタンドに向かうのはやめましょう。

ガソリンの濃度が下がってガス欠の危険があります。

※ただし、ガソリン添加剤の取扱説明書に定められている濃度をきちんと守れば必ずしも給油直前である必要はありません。



ガソリン添加剤を入れすぎるとどうなる?対処法は?

ガソリン添加剤を入れすぎるとどうなる?対処法は?

先ほどの項目でガソリン添加剤を入れるタイミングは「ガソリン給油直前」が最適とお伝えしました。

なぜならガソリン添加剤を入れすぎる事によって、アイドリングや馬力が落ちるなどの影響があるからです。

基本的にガソリンの 1% の濃度以上にならないように添加剤は入れましょう。

仮に20リットルガソリンを給油する場合は、1%は20mlとなります。

満タンにガソリンを入れる場合に添加剤まで一緒に入れると入れすぎるという事はほぼありません。

もしもガソリン添加剤入れすぎた場合は、抜くことは非常に難しいためガソリンをある程度減らしてガソリンを追加するしかありません。

ただガソリン添加剤を入れすぎても不調ではあるものの、止まったりはしないのでこまめにガソリンを給油しましょう。




ガソリン添加剤を入れる頻度は?

ガソリン添加剤を入れる頻度は?

では「ガソリン添加剤は給油のたびに入れなければならないの?」というと、必ずしもそうではありません。

一般的には、オイル交換のタイミングに合わせて入れるのが適切な頻度といえるでしょう!

オイル交換の時期が近づいてきたなー、というタイミングでガソリン添加剤を入れて、それからガソリン満タン1回分走らせた後にオイル交換をします。

ただし、「初めて入れる車や過走行車は連続で入れると良い」とされている商品もありますのでご注意ください。

なぜオイル交換のタイミングに合わせて入れるのが良いのかは、次の「ガソリン添加剤の効果とは?」を読んでいただければ分かるかと思います!



ガソリン添加剤の効果とは?

ガソリン添加剤の効果とは?

ガソリン添加剤には大きく3種類の効果があるものに分類できます。

  • PEA系
  • エンジン内のカーボン(燃えカス)を洗浄する。

    どうしても車が動くと燃えカスが出てしまいますが、カーボン系のガソリン添加剤を使う事で取り除くことができます。

    このPEA系のガソリン添加剤は、洗浄されたカーボンがエンジンオイルに溶け出すので、ガソリン添加剤を入れた後にオイル交換をすると効果的です!

  • アルコール系
  • ガソリンタンク内に溜まる水分を除去する。

    ガソリンタンク内には結露などにより水分が溜まることがあり、この水分がガソリンタンクを錆びさせる原因となってしまいます。

    アルコール系のガソリン添加剤を入れることで水分を乳化させ、ガソリンごと燃やせるようになり、結果的に水分が除去されるのです。

    気温の変化が大きい季節の変わり目のタイミングで入れると効果的ですね!

  • トルエン系
  • ガソリンのオクタン価(耐ノッキング性)を上げてパワー向上や燃費向上の効果が期待できます。

    ノッキングを減らす事により加速を良くしたり、燃費を向上させる添加剤は多いです。

    燃費向上や加速向上というガソリン添加剤はほとんどトルエン系になります。



    ガソリン添加剤を入れるタイミング【まとめ】

    ここまでガソリン添加剤を入れるタイミングや頻度、効果について説明してきました。

    お分かりいただけたでしょうか?

    ガソリン添加剤を正しいタイミングで入れる事で確実に効果が出ると期待できます。

    それでは大事な部分をまとめてみましょう。

    ガソリン添加剤を入れるタイミング【まとめ】
    • ガソリン添加剤は「給油直前」に入れると良い!
    • ガソリン添加剤はオイル交換のタイミングに合わせるなど適切な頻度で入れること!
    • ガソリン添加剤にはさまざま効果があるので適切に使い分けること!

    これらのポイントを抑えたうえでガソリン添加剤を上手に活用し、愛車のコンディションを良い状態に保っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA