アドブルーとは?なくなるとトラックはどうなる?値段や保管方法も解説!

アドブルーとは?なくなるとトラックはどうなる?値段や保管方法も解説!

近年世界的に環境問題が重要視されてきています。

その中で自動車が出す排気ガスについても世界的に問題になっています。

そのなかでアドブルーという商品が発売され、2020年現在多くの大型トラックや自動車に装着されるようになりました。

しかし、多くの人はアドブルーとは何かについて知らない人も多いと思います。

この記事では

  • アドブルーとは?
  • アドブルーがなくなるとどうなる?
  • アドブルーの値段
  • アドブルーの保管方法は

について解説していきたいと思います。

最近アドブルーを手にした方などは是非ご参考にされてください。




アドブルーとは?なくなるとトラックはどうなる?

アドブルーとは?なくなるとトラックはどうなる?

アドブルーを見た事がある人はわかると思いますが、まるで純水のような感じだったと思います。

見た目は水と変わらないただの液体ですよね。

しかし実は尿素水と呼ばれる液体で、アドブルーシステムを尿素システムと呼ぶ人もいます。

アドブルーは正式には「尿素SCRシステム」と命名されています。

アドブルーとは地球環境にとってはとても重要な役割を果たしています。

本来自動車の排気ガスは「窒素酸化物」が放出されますが、アドブルーを使う事で外に出る前に「窒素」と「水」に分解されるため大気汚染の心配がありません。

これほど地球環境にとってはアドブルーは大事なんですね。

しかもアドブルーは無害で安全なため取扱いに注意を払う必要もありません。



アドブルーがなくなると?

アドブルーがなくなると車はどうなるのでしょうか?

正解は「エンジンがかからなくなる」です。

ただしエンジンがかからないという事は、逆にエンジンを切らなければ乗り続ける事が可能です。

もしアドブルーがなくなると、エンジンを切らない事が重要です。

ただし、本来補充しなければならない液体が不足しているので、エラーマークはたくさん出るでしょう・・・。

アドブルーがなくなってもアドブルーを補充する事で再度エンジンをかける事ができるようになります。

アドブルーがなくなるとエンジンがかからない理由は単純

尿素SCRシステム付きの自動車は必ず排気ガスを分解して放出しなければならない という法律に違反するから

トラックなどであれば、20リットルから50リットルの容量のタンクになっていますので、ランプやメモリが1つ消えたくらいではまだ全然大丈夫です。

1目盛りで50キロ程度は走れるのですが、できるだけアドブルーを早めに補充する事をおすすめします。

アドブルーのホームセンターや通販での値段は?

アドブルーはネット通販などでも手に入れる事ができます。

ホームセンターでも売られている事もあります。

いろいろな所から商品が出ていますが、コスパ的にいいのは20リットルで3000円程度がいいでしょう。

10リットルというのもありますが、すぐなくなってしまう上に2000円程度するので割高と言えますね。

アドブルーのガソリンスタンドでの値段

アドブルーはガソリンスタンドでは1リットル当たり「120円から140円」で販売されています。

ガソリンの値段とほとんど変わらないと考えておくといいでしょう。

ガソリン同様に自分でも簡単に補充する事ができるので、わざわざ高い値段で補充するよりは買って補充する方がいいですね。

アドブルーの代わりに水を入れる

アドブルーの代わりに水を入れるとどうなるのでしょう。

アドブルーは尿素水と言って純度が非常に高いものです。

一方の水はいろいろな成分が含まれている為、コンピューターはアドブルーと認識できません。

つまり故障の原因となります。

アドブルーの保管方法!こぼすと?

アドブルーの保管方法はいたって簡単で「密閉して高温多湿を避ける」だけでいいです。

気温の変化によって品質保持期限が異なるため、温度が上下しないような30度以下の冷暗所に保管するといいでしょう。

気温40度を超えるような真夏日に直射日光に当ててしまうと「期限が1か月」となるため注意が必要です。

ただ1つだけ注意したいのは「火気厳禁」という点です。

アドブルーが火気に触れた場合、有毒なアンモニアガスが発生するため危険です。

アドブルーをこぼした場合の対処法

アドブルーをこぼした場合に最も注意したいのが腐食です。

尿素水が金属などに触れた場合、白い結晶ができます。

その結晶を放置する事で錆の原因となる腐食を引き起こすので、すぐに拭いて水で綺麗に洗い流します。



アドブルーとは?なくなると?【まとめ】

ここまでアドブルーについて解説してきました。

アドブルーがなくなるとどうなるのか?アドブルーの値段や保管方法についてもお分かりいただけたと思います。

SCRシステムが付いている車にとってアドブルーは必要不可欠な液体で、地球環境を守るためのシステムでした。

それではここまでをまとめてみましょう。

アドブルーがなくなると【まとめ】
  • アドブルーがなくなるとエンジンがかからない
  • アドブルーがなくなった時はエンジンを切らない
  • アドブルーの値段は3000円程度
  • アドブルーの保管は30度以下の冷暗所で密閉する
  • アドブルーをこぼすと腐食の恐れがある

トラックに乗っている人などにこの記事がお役に立てれば幸いです。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA