歩行者を妨害した場合の点数は何点?反則金や後日検挙についても解説!

あなたは車を運転しますか?

車を宇運転していて、横断歩道に歩行者がいる場合には停車する義務があることをご存知ですか?

歩行者が横断歩道を渡ろうとしている場合には、停車しないと違反になります。

「歩行者妨害違反」というものになりますが、今回は点数や反則金について解説したいと思います。




歩行者妨害違反とは?

歩行者妨害違反とは?

歩行者妨害違反とは、信号のない横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいた場合に横断を車が妨害することです。

横断歩道は歩行者が安全に道路を横断するために設けられた場所ですので、歩行者が優先になります。

ケースその➀信号のない横断歩道の場合

車は、横断歩道に明らかに人がいない場合はそのまま進むことができます。

しかし横断する人がいるかいないかわからない場合は徐行して進まなければなりません。

当然、横断している人がいる場合は歩行者が横断を終えるまで一時停止して道を譲らなければなりません。  

横断が終わるまで待つ必要があります。

これは道路交通法第38条第1項にて定められていることで、歩行者の横断を妨害した場合は違反になります。

道路交通法第38条

車両等は、横断歩道又は自転車横断帯に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。
「横断歩道は歩行者優先です」(警視庁)を元に作成

ケースその②横断歩道のないところで歩行者が横断している場合

ここで注意したいのは、横断歩道がないところでも歩行者妨害違反になる場合があるということです。

これは道路交通法第38条の2に記されています。

道路交通法第38条の2

車両等は、交差点又はその直近で横断歩道の設けられていない場所において歩行者が道路を横断しているときは、その歩行者の通行を妨げてはならない。
【出典:警視庁ウェブサイト】

つまり、交差点又はその付近で横断歩道がないにもかかわらず横断しようとしている歩行者があった場合も、一時停止して道を譲らなければ歩行者妨害違反になるのです。

ただし、交差点又はその付近に限ったことで、道路交通法第13条では歩行者は、車両等の直前又は直後で道路を横断してはならないとなっています。

交差点も横断歩道もないところで横断しようとしている人がいる場合は車は止まらなくてよいのです。

しかし、歩行者が既に横断を開始している場合は危険なので止まって道を譲ってあげましょう。



歩行者妨害違反の点数は?

歩行者妨害違反の点数は?

歩行者妨害違反をした場合の違反点数は2点です。

違反点数は過去3年間の累計が6点以上14点以下で免許停止となります。

違反点数が2点という事は、3回違反をする事で免許停止処分になります。

歩行者を妨害するというだけで、2点も取られるので信号無視よりも重い違反となります。

それだけ事故につながる可能性が高いという事ですね。

歩行者妨害違反の罰金は?

歩行者妨害違反の罰金は?

歩行者妨害違反をした場合の罰金または反則金は以下の通りです。

罰則
3か月以下の懲役又は50000円以下の罰金
反則金

大型車12000円、普通車9000円、二輪車7000円、原付車6000円



歩行者妨害違反の罰金と反則金について

歩行者妨害違反は比較的軽微な違反に当たるので交通反則通知書(通称青色キップ)が渡されます。

この告知内容に異議がなければ、8日以内に反則金を納めることですべての手続きが終了し、前科もつきません。

8日以内に反則金を納めなかったときは、指定された通告センターに出頭して反則金納付の通告を受けることになります。

通告を受けた人はその日を含めて11日以内に反則金を納めると手続きが終わります。

家が遠いなどの理由で出頭できない人には通告書が郵送されますが、その場合は郵送に要した費用を反則金とともに納めなくてはなりません。

それでもなお反則金を納めなかった場合は刑事裁判を受けることになり、違反行為があったと判断されれば刑事罰(懲役又は罰金)が科されます。

歩行者妨害違反は後日検挙される?

歩行者妨害違反は後日検挙される?

結論から言うと、歩行者妨害違反で後日検挙される可能性は極めて低いでしょう。

車に止まってもらえなかった歩行者が警察に通報し、警察から電話がかかってきて注意されるケースは実際にあります。

しかし、現行犯でない限り立証は難しいため検挙されることはないでしょう。

仮に街の監視カメラに違反の映像が残っていたとしても、プライバシーの観点から映像の開示はそう簡単にできるものではありませんので、やはり立証は難しいと思われます。



歩行者を妨害した場合の点数は何点?【まとめ】

教習所で習うにも関わらず多くの人が忘れてしまっている歩行者妨害違反。

このような違反をしてしまう背景には

「他の車も止まってないからいいや」「自分が止まっても対向車が止まらなければ歩行者は渡れないし、悪いけど先に行かせてもらおう」

と言った心理があるかと思われます。

自分が止まれば対向車も歩行者に気付いて止まってくれるはずです。

それでも対向車が止まってくれない場合には、対向車にパッシングや手を使って合図するなどして、他の車と協力して歩行者に道を譲るようにしましょう。

それではここまでのまとめになります。

歩行者妨害違反【まとめ】
  • 横断歩道に人がいない場合はそのまま進んでよい
  • 横断歩道に人がいる時は停車しないと違反になる
  • 歩行者妨害違反で後日検挙されることはない
  • 歩行者妨害違反の点数は2点の加算
  • 歩行者妨害違反の反則金は普通車の場合は9000円

また、道を譲るときは歩行者が横断歩道を渡りきるまで停止するようにしましょう。

「歩行者が渡り切っていないのに横断歩道に侵入した」として検挙されるケースがあるようです。

多くの人が忘れがちな道路交通法ですが、自分が歩いているときに誰も止まってくれなかったら悲しいし、危ないですよね。

運転しているときも、歩行者の気持ちになることを心がけていればうっかり違反してしまうなんてことにはならないはず。

車も歩行者も安全に往来できる世の中にしていきたいですね。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA