タイヤ交換の工賃比較!オートバックスは高い?安い?工賃の相場は?

タイヤ交換の工賃には廃タイヤ料も含まれる?

毎年、季節の変わり目が近付くとタイヤ交換をする人は多いですよね。

冬用タイヤが必要ない地域にお住みの方でも、タイヤは消耗品なので摩耗や劣化により寿命が来たら交換せざるを得ません。

タイヤ交換を依頼するときに必然的に必要となる工賃はどこへ依頼するかによってさまざまです。

タイヤ交換と一言で言ってもタイヤ交換作業だけでなくホイールとタイヤのバランス調整やパーツの交換なども適切に行う必要があります。

この記事では、いくつかの車用品量販店を例に挙げてタイヤ交換の工賃を比較していきます。

タイヤ交換を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

※2020年4月時点の金額です

タイヤ交換工賃を比較した店舗
  • オートバックス
  • イエローハット
  • タイヤ館




タイヤ交換の工賃はいくら?【オートバックス】

タイヤ交換の工賃はいくら?【オートバックス】

まず、オートバックスのタイヤ交換の工賃を見てみましょう。

タイヤ交換には「脱着」と「組み換え」の2種類の方法があります。
「脱着」とは履き替えとも呼ばれ、ホイールごとタイヤを外してから別のホイール付きのタイヤを取り付けることをいいます。

夏用タイヤと冬用タイヤの交換時にはホイールごと交換する「脱着」作業を行うことが多いです。

それに対して「組み換え」とはホイールは同じものを利用してタイヤの部分のみ交換することをいいます。

タイヤの寿命が来て交換するときには「組み換え」作業をされる方が多いでしょう。

オートバックスのタイヤの脱着料金と組み換え料金をまとめてみました。

オートバックス脱着工賃

1台分(4本)で2200円~(税込)

オートバックスタイヤ組み換え料金
  • 軽・普通車の場合1,100円~(税込)/1本
  • 1BOX・RVの場合1,650円~(税込)/1本

上記の金額にはタイヤ交換の後に行うタイヤとホイールのバランスを整えるバランス調整も含まれています。

また、タイヤに空気を入れる部分のゴムバルブも劣化とともに交換が必要です。

基本的にはタイヤ交換と同時に交換が推奨されています。

オートバックスの場合、ゴムバルブ交換は275円~(税込)/1本と設定されています。



タイヤ交換の工賃はいくら?【イエローハット】

タイヤ交換の工賃はいくら?【イエローハット】

次に、イエローハットのタイヤ交換の工賃を見てみましょう。

イエローハットの場合、タイヤ1本あたりの組み換え料金は1,100円~(税込)と設定されています。

イエローハットのタイヤ組み換え料金

1台分(4本分)6600円~(税込)

イエローハットのタイヤ脱着料金

1台分6600円~(税込)

ちなみにイエローハットの場合は「イエローハットで購入したものは工賃半額」となっています。

上記の金額にはタイヤ交換の後タイヤとホイールのバランスを整えるバランス調整も含まれています。

また、ゴムバルブ交換は275円~(税込)/1本と設定されています。

タイヤ交換の工賃はいくら?【タイヤ館】

タイヤ交換の工賃はいくら?【タイヤ館】

最後に、タイヤ館のタイヤ交換の工賃を見てみましょう。

タイヤ館のタイヤ組み換え工賃(1台分)
  • 軽・普通社の場合 3,750円(税込)~
  • SUV・4X4・輸入車 4,900円(税込)~
タイヤ組み換え工賃
  • 軽・普通車の場合 1,100円~(税込)/1本
  • 1BOX・RVの場合 1,650円~(税込)/1本

タイヤ館の場合、ゴムバルブ交換は330円~(税込)/1本とオートバックスやイエローハットと比べるとわずかではありますが金額が少し高いようです。



タイヤ交換工賃の相場は?

タイヤ交換は、オートバックスやイエローハットなどのカー用品店以外にも、ディーラーやガソリンスタンドなどでも対応してくれます。

もちろん車種によってさまざまですが、カー用品店では1本あたりのタイヤ交換の工賃は「1,000円~2,000円」ほどで設定されています。

単純計算では1台分で工賃が「4,000円~8,000円」ほどになります。

ガソリンスタンドもカー用品店と同じような価格帯で設定されています。

一方のカーディーラーは1本あたり2,000円~3,000円ほどで設定されており、1台分で8,000円~12,000円ほどになります。

カー用品店やガソリンスタンドと比べると価格帯は高いですが、純正タイヤなどこだわりのタイヤが選べたり、定期点検と共に一緒にできたりする点はメリットと言えるでしょう。

また、タイヤ交換代をなるべく安く抑えるために、ネットなどで安く手に入れ、持ち込んで交換してもらうことを検討する方もいらっしゃるかもしれません。

ただし、持ち込みタイヤの場合、交換工賃が高く設定されている場合が多いです。

店舗によって金額は異なりますが、おおよそ2倍の工賃が設定されていることもあるでしょう。

さらに、そもそもタイヤの持ち込み依頼を受けていない店舗もあります。

詳しくは最寄りの店舗に確認してみましょう。

タイヤ交換の工賃には廃タイヤ料も含まれる?

タイヤ交換の工賃には廃タイヤ料も含まれる?

タイヤは産業廃棄物のため、一般ゴミとして出すことはできません。

不要になったタイヤを適切に処分してもらうには、廃タイヤ料が別途必要です。

産廃業者などに依頼すると4本で4,000円~7,000円必要です。

イエローハットの場合1本あたり250円〜で行ってくれるため、タイヤ交換と一緒にぜひ依頼をしておきましょう。



タイヤ交換の工賃【まとめ】

今回は、オートバックスとイエローハット、タイヤ館のタイヤ交換費用について紹介しました。

「組み換え」作業で比べてみると、3社とも1,100円(税込)~で設定されているため、基本的に大きな金額差は発生しないといえるでしょう。

ただし、紹介した金額はあくまでも目安であり、車種やタイヤのサイズ、店舗によって実際の金額は異なります。

安全で快適に車を走行させるためには、タイヤの正しい点検チェックは欠かせません。

タイヤ交換を自身で行う作業にはリスクが伴うため、プロに任せるのが安心でしょう。

ご自身により合ったタイヤ交換の方法を選んでみてください。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA